草刈りなど定期的な庭のケアは大切です【のんびりガーデン生活】

園芸

ノウハウを知る

キンモクセイについて

園芸用品

 キンモクセイとはモクセイ科の常緑小高木樹の事で、元々はモクセイという樹木の変種として誕生した植物です。キンモクセイには雄株と雌株が存在しているのですが、日本国内のものは雄株がほとんどなので、結実する事は基本的にないです。  キンモクセイの一番の特徴はその花にあり、秋になるとオレンジ色をした小さな花を無数に咲かせるようになります。また、この花は独特の芳しい香りを放つのですが、その香りは非常に強いので、離れていても香りで存在を認識する事が出来ます。普通に花の香りを堪能する以外にも、花をお酒に漬けて香りをお酒に移したり、部屋に生けて芳香剤として使ったりもします。  キンモクセイはその花の可愛らしさや香りの良さから、庭木としてとても人気がある樹木の一つとなっています。

 前述したように、庭木としても人気の高いキンモクセイですが、実際に庭に植えて楽しむ場合には剪定等が必要になります。この樹木は放っておくと7〜8メートルの高さにまで成長してしまうので、剪定で大きくなり過ぎるのを防ぐ事が大切なのです。  キンモクセイの具体的な剪定方法についてですが、まずは剪定に適した時期に行なう事が重要なポイントになります。具体的には花の季節が終わった直後、もしくは2〜3月頃が一番剪定に適しているので、この時期を逃さない事が大切です。  次に剪定内容ですが、キンモクセイは刈り込みに強いという特徴があるので、ある程度の枝の切り落としは大丈夫です。しかし葉を落とし過ぎたりすると、花が咲かなくなったり、枝枯れを起こしたりするので、やり過ぎには注意が必要となります。